夫婦のパートナーシップ

【私がブログを書く理由③】妊娠報告で泣く自分…。だけど理由がわからなかった。

 

こんにちは、横屋まこです!

この記事では、不妊治療を終えて「夫婦二人暮らし」で過ごしている私が、久々に子どものことで落ち込んだのをきっかけに、私のありのままをお話ししています。

前回までの記事はコチラ↓↓

妊娠報告で、、泣いた…

さて、私は何に落ち込んだのか…。

何があったのか。

 

 

それは「妊娠報告」でした。

 

私は激しく動揺してしまった。

もうずっと妊娠報告を聞いても落ち込んだりしなかったのに。

最近だとお正月で年賀状やメールで報告があったし、親戚にも子どもがどうだ言われたけど、別に平気だったんだ。

ね、平気でしょ?

だけど、なぜか今回は思いのほか落ち込んだ。1年以上ぶりに大泣きしてしまったのだ。

妊娠報告でなぜ落ち込むのかというのは、これから自分なりに統計をとっていこうと思う。例えば、直接報告を受けることなのか、思ってもない人から報告を受けること、くるぞと構えていれば大丈夫なのか、自分が生理前だとつらくなるのか、様々なパターンがあると思う。

 

まぁ、それは今置いといて、とにかくへこんだ。

 

「ねぇ、なんで私泣いてるの?」

妊娠報告で落ち込んでしまった。だけど私は、落ち込んでる理由がわからなかった。

だって私は今、すっごい子どもがほしいと思っているわけではない。それは本当。

夫と夫婦二人での暮らしも楽しいし、このままでいいと思ってる。

 

現に「二人暮らしで生きていく!」と決めてから、身近なところだと、妹が妊娠して出産した。(ちなみに3人目…!)

赤ちゃん、すごくかわいい。ずっと一緒にいたい。写真もいっぱい送ってもらってる。

だけど、不思議なことに「やっぱり私も…!」とは思わず、「私は私のシアワセを生きよう…!」なんて思っていた。

 

だから、なんで??

私やっぱり子どもほしいの?

だから泣いてるの??

 

ねぇ、なんでだと思う?なんで私泣いてるの?」

「私、ゴンちゃん(夫)と二人の生活、今もこれからも本当に楽しいと思ってるのに><

 

今までのこと洗いざらい話して、夫に泣きついた。

 

私は10割バッターじゃない!

そしたら、夫は「そうゆうときもあるじゃない」って。

 

「まこちゃんが子どもがほしいと思う気持ちもウソじゃないし、オレと一緒に暮らしたいって気持ちもウソじゃない。

悲しいと思うときもあるよ。だけど、そんなときはオレに話してね。何でも言ってね。」

「夫婦なんだから、悲しいことは半分にして、二人で乗り越えていけばいいでしょ。」って。

 

 

そう、私は10割バッターではない。

別に誰から聞くとかじゃなく、自分がどんな状態とかじゃなく、なんだかもうわからないけど、ヘコむときはヘコむんだ。

 

そうゆうもんなんだ。

仕方ないことというのは世の中にあるんだ。

 

私がいくら「タッキー、ジャニーズやめないで!」って思っても、タッキーはやめる。

すごく悲しいけど、事実が変わらないなら、私が悲しいと思わないように考え方を変えるしかないのだ。

 

まこ
まこ
(おい、なんかもっと良い例えはなかったのか!爆)

 

だから、これからも何度か妊娠報告があったら、私は10回に1回くらいベコベコにヘコむだろう。

私は10割バッターじゃない。防御率も1ではない。

まこ
まこ
(って夫と話してたけど、この表現、女子にはわからないぞ…w)

 

とにかく10回に1回はめちゃめちゃへこむこともあるだろう。

でもそれでいいいじゃん!

今まで10回中10回へこんだのが1回になったんだもん。

ようやってるじゃん!!

 

ベッコベコにへこんだら、そんなときは私には夫がいる。

私には夫がいるから。夫が支えてくれるから。

 

そうして私達二人は生きている。

そしてこれからもきっと生きていける。

 

これ、書いていいの?

と、私が落ち込んだという話の発端はこれだ。

でも、このことを書こうかどうか迷った。

 

だって、これを読んだ方はどう思う?

私と同じ立場の方は共感してくださるかもだけど、そうじゃない人は?

こんなこと書いたら、これからプレママさんやママさんは、私にどう接していいかわからないよね?

 

まこ
まこ
どうしようどうしようどうしよう…

 

だけど、私は書いてみた。

「私がブログを書く理由」があるから。

 

(続く)

 

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

PS…

ブログなどの最新情報はメルマガにてお知らせしています。

メルマガだけで話していることもあるので、ぜひ登録してみてくださいね。