読書からの学び

「本当は怖い不妊治療」を読んで話してみた!そのステップアップ治療は本当か?

 

こんにちは、横屋まこです!

 

「本当は怖い不妊治療」という本を読んで話してみました!

 

 

こんなことについて話してます

 

ステップアップ治療のレールに乗って治療する

 

不妊治療の方法って、

  1. タイミング法
  2. 人工授精
  3. 体外受精

という順番でステップアップしていくことが主流だと思います。

 

本や雑誌やネットで調べたりしても、99%がこの順番ですよね。

 

“本当は怖い”とは知識がなくて治療を受けてること

 

でも、いろいろ調べてると、本当にそうなのかな?と思うこともあったり…。

 

年齢や自身の状況によって、治療の方法も違いますよね。

 

人工授精や体外受精をを何度も繰り返すうちに、年齢を重ねてしまったり、お金もかさんでしまったり、、

だけども、本当は治療よりも体質改善を先にした方がいいのかもしれないし、、

 

不妊治療のクリニックってだいたい混雑してるし、診療も流れ作業になってることもあると思います…

 

自分に合った治療ができているのかな…?と不安になることもあります。

 

自分に必要な情報を取捨選択しなければならない。

 

不妊治療専門クリニックと言っても、病院ですし商売ですしビジネスです。

 

私は、自分で不妊治療を続けることはやめました。

でも、もしこれから年齢を重ねて、カラダの状況的に妊娠することがむずかしいと思っても、病院側で「治療をやめましょう」とは言ってくださらないのではないかと…。

 

治療をすること・しないこと、自分で判断していくというのが、不妊治療には必要だと思いました。

 

 

 

 

本当は怖い不妊治療 (SB新書) [ 草薙 厚子 ]

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

PS…

ブログなどの最新情報はメルマガにてお知らせしています。

メルマガだけで話していることもあるので、ぜひ登録してみてくださいね。